--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-15(Mon)

映画アシュラ感想

どこかでチラシを貰って、この映画は見たいな~と思っていたら
もう公開されてから結構経っていて、急いで観てきました。

これは、ヤバイ・・・映画は結構見るほうだと思いますが
ここまで一つの「生」というテーマに沿い、
最後まで描かれる作品に出会えたことが純粋に嬉しくて

3DCGですけど、気にならなかったですね。
むしろ、3Dだからリアルとアニメの中間で良かった印象
アニメだけだともっとグロテスクになる気がします

内容を簡潔に説明すると、
「貧しい世に生まれ、すぐ親に捨てられた子供(アシュラ)がどう生きたかを描いた」映画
原作は漫画。有害図書として発禁になったものらしい

お話は羅生門や火の鳥をイメージしていたのですが、割とその通りで。
どちらも、人間の「心」のあり方を描いているところは同じで
その観点から観て、とても胸にくるものがありました。
というか、これで心に何も響かなかったら、人間終わってると思うくらい笑

食べる為に生きていたアシュラが心を持ち始めると同時に
それまで知らなかった感情と向き合い始めた苦しみって
誰しも意識しないでも経験していることで

それが見たかった!!!
映像で表現するのはとても難しいと思うのですが、
音楽、映像、声、色んなものが合わさってそれを表現していたので
もう涙が止まりませんでした

映画館はT・ジョイ大泉でしたが音響もすごくてそれも迫力がありました

映画を観て、帰ってからも色々シーンを思い出し
辛さに泣きそうになるくらい
吐き出さないといけないな、と思ったのでブログにこうして感想を書いてます


ただこれ、人にオススメする映画ではないと思います
興味があれば、観て欲しい

楽しさ、は無いです。生きるのは戦い、という映画なので。
実際に劇場ではガラガラで、でも上映が終わった後、すぐに立ち上がる人がいなくて
あれ?私の後ろ誰も居なかったっけ?と思うほど・・・

私も気合を入れて観たんですが、もぬけの殻になりました笑
帰りの道の足取りがなんと重いこと

それだけ力のある、強烈な映画でした
スポンサーサイト
プロフィール

ヒスイ

Author:ヒスイ
好きなゲームやアニメの感想など。
週一くらいの更新が目標ですが
気分やゲーム次第で変動します
主にラクガキを載せてます。
画像は持っていかないで下さい

検索から来た方はこちらへ→サイト
twitter→m_hisui

pixiv
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。